改良品種カタログ:ゴールデンダイヤモンドエンゼル

ゴールデンダイヤモンドエンゼル

品種の特徴

ゴールデンダイヤモンドエンゼルは最も良く知られ流通量も多いダイヤモンドエンゼルの1種で「パール・エンゼル」とも呼ばれる事があります。ゴールデンエンゼルをベースとしてダイヤモンド系統を組み合わせた、ダイヤモンドエンゼルの基本品種と言えるでしょう。

鱗に凹凸が現れ乱反射してキラキラと光るダイヤモンドの系統はまだ幼い幼魚の間は確認する事が出来ず、成長と共に徐々に現れてくる特徴があります。この品種も例外ではなく、小さい間は普通のゴールデンエンゼルと区別できません。成長に伴い、普通の並エンゼルよりもダイヤモンドの輝きでコントラストが高くなり白と黒のコントラストが美しい品種に完成します。

飼育ポイント

飼育については他の品種と同じで問題は無く、弱酸性~弱アルカリ性まで幅広い水質で飼育でき、餌も慣れれば何でも良く食べます。普通の熱帯魚を飼育できるスキルがあれば、特に心配することは無いと考えてよいはずです。

ゴールデン系統の改良品種は色揚げ効果のあるアスタキサンチンやカロチノイドなどを含む飼料を与えるかどうかにより、体色の色彩が大きく変わる特徴を持っています。写真のように強い黄色~朱色に近い色彩にするためには色揚げ効果のある飼料、例えばキョーリン 咲ひかり金魚 色揚げ沈下などを他の餌と合わせて与えるのがお勧めです。

繁殖について

繁殖については通常のエンゼルフィッシュと大きな違いはありません。丈夫で飼いやすいので初心者向けの品種といえます。ただし、ダイヤモンド系統の品種は特に腹ビレの欠損する奇形個体が発生する確率が高く、ある程度の淘汰が必要不可欠になります。



エンゼルフィッシュ.jp > 品種カタログ > 改良品種カタログ:ゴールデンダイヤモンドエンゼル