改良品種カタログ:エンゼルフィッシュ

"エンゼルフィッシュ(並エンゼル)

品種の特徴

最も一般的に知られているエンゼルフィッシュです。他の品種と区別する為に“並エンゼル”と呼ばれる事もあります。熱帯魚をあまりよく知らない人でもネオンテトラとグッピー、そしてエンゼルフィッシュ(並エンゼル)だけは魚のイメージが頭の中に浮かぶ方も多いでしょう。

野生のエンゼルと同様の色彩ではありますが、長年に渡り養殖されている為か安価な価格で販売される一方、プロポーションが崩れた質の悪い個体が多くなっています。あらゆる改良品種の原点である品種です。一般的に販売されている個体の多くはあまり良い個体に育つ事はありませんが、血統的にしっかりと管理されたものは野生種にも負けないプロポーションと気品を見せてくれます。

飼育ポイント

飼育は最も容易なエンゼルで水温、水質などにも特にこだわる必要は無く飼育可能です。具体的な飼育方法については別章の飼育マニュアルを参考になさって下さい。すべての改良品種のベースとなっている品種の為、入門用のエンゼルとはしても最適な品種と言えます。

繁殖について

繁殖も数ある改良品種の中でも容易ではありますが、東南アジアで養殖されている個体は雑種も多く、純粋なエンゼルフィッシュは非常に貴重な存在になっています。特に雑種の場合はバンドの乱れが起きやすい傾向にあり、しっかりと太いバンドを持つ個体は少なく価値ある血統と呼べるでしょう。



エンゼルフィッシュ.jp > 品種カタログ > 改良品種カタログ:エンゼルフィッシュ