改良品種カタログ番外編:ワイルドスカラレ コロンビア系統

コロンビア系統ワイルドスカラレ

品種の特徴

本種は改良品種のエンゼルではなく、コロンビア便を経由して輸入される野生の原種エンゼルです。このタイプは腹部を中心に青い鱗が拡散して存在する系統です。ペルーからも似たようなタイプのスカラレが入荷する事もある為、分布域は比較的に広い種類と推測されます。

野生種のエンゼルはその生息地域によって様々なバリエーションが存在し、プロポーションの良さと共に改良品種には存在しない野生美とも言えるよう色彩を楽しませてくれる為、ワイルド系統専門のマニアも居るほどです。

飼育ポイント

基本的な飼育に関しては改良品種のエンゼルと大きく異なる面はありません。具体的な飼育方法については別章の飼育マニュアルを参考になさって下さい。但し、野生種の場合は国内ブリードであったとしても遺伝子レベルで警戒心が強く、機敏とも言えますが神経質な面も持ち合わせています。

特に餌については魚食性が改良品種よりも非常に強く、口には入るようなサイズの魚やエビを積極的に捕食する性質がある為、混泳には注意する事が必要となります。また動物性の餌を好む傾向も強いため、人工飼料も慣れれば食べますが、冷凍赤虫などを好む傾向も遺伝子レベルの本能によるものと考えられます。

繁殖について

ワイルドエンゼルは充分な親魚まで成長した個体でも、改良品種の系統よりも雌雄の差が非常に少なく判別には高い判別スキルが要求されます。基本的な繁殖の方法は同じですが、難易度で言えばブラック系統のエンゼルなどよりも少し上なスキルが必要です。仲の良いペアを見つけ、落ち着いた環境の弱酸性の軟水を用意してなるべく驚かせないように飼うのが繁殖をさせるコツになります。



エンゼルフィッシュ.jp > 品種カタログ > 改良品種カタログ番外編:ワイルドスカラレ コロンビア系統